3.9「ドキュメント 拉致」福島で上映会の報告

3月9日にて、映画「ドキュメント 拉致」の上映会が福島市にて開催されました。
東北での上映会は第二弾となっており、今回も東国保守の会が実行委員会のお手伝いをしました。

第一部では朴信浩監督の作品の上映が行われ、拉致の手口などが説明がなされており、拉致の現場取材といった事が紹介されました。
北朝鮮は何故、日本人を拉致するのか?背乗りの手口はどういった手法が取れていたのかなど考えさせてくれる作品だと思います。

第二部では、朴監督と救う会福島の赤塚公生代表のトークセッションが行われ、福島県からも5人もの拉致被害者が居ると言われているなど、様々な問題を提起してくれたと思います。

・産経ニュース 北の犯罪に迫る「ドキュメント 拉致」福島で上映会 元総連系活動家の異色監督も登壇
https://www.sankei.com/world/news/190309/wor1903090017-n1.html?fbclid=IwAR1DWFHq3ooZaNXiOaRNVkpuqjK-ZIh3ozjELwHqJzR6ucnbJz3VhKrFe7k

カテゴリー: 活動報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です